第3回 日本サイン学会デザインフォーラム

2003年2月12日(水)

大会テーマ:「商業サインとまちづくり」-なにわ看板の魅力を考える-

景観上の観点から常に問題視される商業サイン。
多くのまちで規制が強化される傾向にありますが、一方で、看板や屋外広告物は商業を活性化し、まちに賑わいをもたらす要素でもあります。
大阪ミナミは、商業サインによって個性化した代表的まちであり、それが面白いと評価されハリウッド映画の舞台にまでなりました。
規制ではなく活用することによって、まちと経済の活性化を推進する商業サインについて考えます。

協賛:全日本屋外広告業青年部連合会
後援:社団法人 日本サインデザイン協会

見学会
タイムスケジュール)
時間
15:00~16:00
内容
道頓堀~宋右衛門町の個性的な商業サインを見学
集合場所
ニュージャパンビル新館・受付
参加費
無料
フォーラム
タイムスケジュール)
時間
16:00~18:00
会場
ニュージャパンビル新館6F 敦煌ホール
内容
・ミナミの看板が如何にしてつくられてきたか
・商業サインがまちづくりに果たすべき役割は
などについて、関係者の発表+ディスカッション
ゲスト
喜多河 育造氏 (通天閣のネオンでお馴染み大阪クロード株式会社 代表取締役会長、関西ネオン工業協同組合 理事長)
参加費
1,000円

会場情報

大阪ミナミ・道頓堀ニュージャパン
大阪市中央区道頓堀2-3-28
ニュージャパンビル新館7F 敦煌ホール

お問い合わせ・お申し込み先

このイベントは終了しました。